泣くと。

兵器擬人化一次創作と映画の感想と日常

そうですね、京都行きましょう。



9/8、9/9に一泊二日で京都に行ってまいりました。
平日のど真ん中に有給2日間取るなんて我ながらなかなか無茶をしたなと思います。簡単に休もうなんてそうは問屋が下ろさねぇという具合に、前日は22時くらいまで仕事していました。

そんなわけで、眠い目をこすりながらいざ京都!エンジョイしてやるぜー!

と思っていたんですが、台風18号の影響によりです。安定の雨
午前中、鹿苑寺 金閣を見学していた時はまだ曇り程度でしたが、昼~午後にかけては予報通りの雨です。


金閣と逆さ金閣。残念ながら紅葉の季節はまだ先のようで

金閣は修学旅行の学生さんと、海外からの旅行者さんでいっぱいでした。天気が宜しくないので逆さ金閣は綺麗に映らないかもしれないと懸念しておりましたが、水面にはしっかり逆さ金閣が映っておりました。紅葉の季節になれば、もっと写真映えしそうですね。

さて、鹿苑寺からタクシーで龍安寺に移動すると傘が必要な程度の雨が降り出しました。


有名な枯山水


石庭を鑑賞しながら「ああ、雨の庭も風情があっていいのではないだろうか」などと思っていたのも束の間、昼食を取ってからは雨脚が強まり、仁和寺に着く頃には雫で景色が白むほどでした。

ちなみに、龍安寺の中にある西源院というお店でお昼ご飯を頂きました。お座敷で庭を眺めながら食べる湯豆腐と精進料理、たいへん美味しゅうございました。お腹いっぱいで幸せです。


西源院のお座敷から望むお庭。贅沢な眺めです。

さて、仁和寺です。
同行者曰く私と相性の良いパワースポットらしいです。内なる力は目覚めませんでしたが、観光客・拝観者も少なく(平日で、しかも台風ですし)ゆったりと落ち着いて見ることができました。


仁和寺 白書院から望む南庭
私は映画「陰陽師」のワンシーンを思い出しておりました


仁和寺といえば兼好法師の徒然草「仁和寺にある法師」を思い出すくちですが、同行者にその話を振ってもいまいち盛り上がらず、些か寂しい気持ちでございました。


こういうところに住みたい

仁和寺のお次は伏見稲荷へ行こうと思っていたんですが、天候の回復が見込めず、今回は見送りとすることに。
次回は是非、千本鳥居も写真に収めたいですね。

観光もままならず、帰れなくなるのも困るので、二日目の予定はすべて取り消し、早々に京都を去ることにした私です。
次回行く時は、お天気が良くなりますように。
そして保津川下りや清水寺、伏見稲荷に再チャレンジしたいです。