泣くと。

兵器擬人化一次創作と映画の感想と日常

【擬人化】信濃



お前にとって私は何なのだろうか。

“あれ”を亡くしたお前は私を欲しがるだろうか。

お前は私を有り難がるだろうか。





ほら、この姿でお前に会ったら、

お前はどんな顔をする?





なにゆえに天は彼女に過酷を強いたのか。


1944.11.19
航空母艦「信濃」
竣工、第一航空戦隊に編入。

主力空母4隻を失ったミッドウェー海戦を転機とし、大和型戦艦3番艦として起工されながら、空母へと改造された信濃。
竣工の10日後、呉への回航中にその姿を消すこととなる。

防火の為、木材の使用が極力避けられた艦体は、破壊された折に浮木が出ず、結果的に多くの人々を道連れにした。皮肉にも、輸送目的で信濃に搭載された特攻兵器「桜花」が浮木の代わりとなり、乗組員の命を救ったという話もある。

拍手