泣くと。

当ブログは本館サイトに統合されます → https://nacht.yorui.org/blog

【映画感想】この世界の片隅に

映画「この世界の片隅に」を観てきました。
昭和初期の広島/呉に生きる、女性・「すず」さんの生活を描いた作品です。

原作未読だけど、読みたくなりました。

以下、感想。わりとうっかりネタバレしてそうな気がするので反転します。
本当に普通の人の生活を描いた作品です。
偶々、戦争をやっていたご時世の呉に普通に暮らしていた人が、普通に描かれていたように思いました。
すずさん、絵を描くのが好きな人なんですが、映画の中の要所要所で絵を使って起こっていることを描写するシーンが出てきます(対空砲の煙幕とかを水彩の飛沫で描いたり)。すずさんが見えている世界をちょっと不思議に、でもそのときの感情をありのままに映し出したものなんでしょう。色彩に満ちた、綺麗な世界でした。
別段、心の強い女性というわけではなく本当に普通の人です(たおやかではあるけれど、友達に一人はいそうなのほほんとした感じ)。人並みに笑って泣いて怒って考えて傷つく。多くの人が彼女に共感、乃至彼女を好きになると思います。
途中まで、なんとなく流れに乗って生きてきて、なんやかんやあって動揺して自分の居場所を見失いかけるけど、でも最後にはちゃんと自分の居たい場所を自分で決めていた姿、よかったなぁと思います。

この映画、呉空襲があって、人が亡くなって、原爆が投下されたことも、その被害も描かれているけど、それがこの可愛らしい絵柄でなんでとても怖く感じるかって、普通の人の普通の生活の中に素知らぬ顔で入ってくるからです。「この世界の片隅に」という作品では、殆どの人々にとって戦争ってそういうものだということが改めて描かれているように思います。家族で笑ったり、喧嘩したり、今も昔も変わらない人々の姿がまずあって、その傍らに戦争がゆっくりと歩み寄ってくるんですから、怖さも浮き彫りになります。日常がほのぼのと描かれている分、時折戦争が顔を覗かせてくるシーンがとてもしんどかった。人はあっけなくいなくなるし、日常もあっけなく無くなる。昨日まで普通に一緒にいたのに、今日にはそれができなくなる。戦争があってもなくてもそうなんですが、すずさんにとっては日常が非日常に変わる転機というのが戦争だったという話。

鑑賞後は、「ライフ・イズ・ビューティフル」を観終わったた後と似たような気持ちになりました。あれはホロコーストを題材にした映画だけど、この映画とよく似ていると感じました。
戦争は兵隊だけで完結するものじゃないし、必ずどこかで巻き込まれて酷い目に遭う人がいるわけです。「この世界の片隅に」では軍港の近くに住まう市民だったり、「ライフ・イズ・ビューティフル」ではユダヤ系の人だったり、それ以外のところでも色々で、しかもその人たちだって急に戦争に飛び込んだわけじゃなく、普通に日常を送っていて、知らず知らずのうちにゆっくりと渦の中に呑まれていってしまうのですから、たまったもんじゃありません。
すずさんの生活に戦争が近付いているサイン、私はたまたま後の時代に生まれて歴史の流れを知っているものですから、呉の軍港にいる軍艦の数がだんだん減っていったり、敵の爆撃機や戦闘機がぶんぶん飛んでくるようになるということで「ああ、」と察するんですが、その当時暮らしていた人々は、それがこれからどのくらい良くなるのか、はたまた悪くなるのか、見当もつかない。非日常ってずっと続くと、それがもう日常になりかわりますからね。
それでも生きていく。
戦争が終わったら物語も終わるけど、生活は終わらない。

戦争が終わった日、すずさんのお義母さんが白米を出して皆で食べようとしたとき「全部は(炊いたら)だめよ。明日も、明後日もあるんだから」という台詞がありました。それが心に残っています。
8月15日は一つの区切りではあるけど、その後もずっとずっと生活は続くし、楽しいことも、つらいことも、いくらでもあるんです。けれどもこの物語の終わりには、なんとなく希望がある。
だって、この世界の片隅に自分の居場所を見つけたすずさんだから。

「きっと彼女なら大丈夫」と、そう思いました。