泣くと。

当ブログは本館サイトに統合されます → https://nacht.yorui.org/blog

【映画感想】シン・ゴジラ

世の中には「触らぬ神に祟りなし」ということわざがあります。
でもこの映画は神の方から触ってきます。積極的に触ってきます。握手会かよ。

……ということで、なんやかんやあって各所で話題になっている『シン・ゴジラ』を観てきましたので、久しぶりに映画感想を書きます。

世間の高評価も納得の、全体的に凄い出来でした。面白かったです。
カット割りが非常に独特で、テンポのいい場面転換、台詞で補えない設定を視覚情報として次々と何気なく説明していく手法は、エヴァのアニメを手がけた庵野監督ならではだなぁと感じました。
登場人物たちが絶えず会話・会議をしているんですが、台詞も簡潔で(何を言ってるのか聞き取れない部分は正直あったけど)前述の通りすさまじいテンポで進んでいきますから、上映時間中ずっと退屈はしません。
今回は事前情報どころかCM、特報すら観ずに映画館で鑑賞するに至った次第ですが、迎撃の様子はとても格好良く、大迫力で描かれており、手に汗握りました。

ゴジラは最初から最後まで移動していただけで、上陸の理由は判らず終いですが、実際このような状況があったとしたらゴジラの目的など明確な答えは出るわけがないし、そこはリアリズムを追求した結果なんでしょうね。

ただ、
・上陸時のシーンで、人々がパニックに陥っているシーンは胃が詰まるような、喉の奥に布が詰まるような、苦しい気持ちになりました。明確に人が死ぬ様子が描かれているわけではなかったんですが、それでも観賞後も頭の片隅にそのシーンがひっかかり、思い出す度に気が滅入ります。私よりもっともっと繊細な人が見たらPTSDにでもなるんじゃなかろうか。
・それから、ゴジラの第一形態〜第二形態が冗談抜きに気持ち悪かった……。あれを見た瞬間「あああ〜〜〜、庵野監督だ〜〜〜」と思いました。思いましたというより思い知らされました。あと、実はこの映画が子供向けではないなというのもこのときに気付きました。

上記二点は私が個人的に受け付けなかったシーンです。パニックとグロいのが苦手な人にはおすすめできません。

けれども、映画自体はすごく面白かったし、格好良かったし、登場人物たちも一人一人が非常に魅力的でした。
上映前に「課長補佐が好きそうだね」と言われていたんですが、最終的にずっと気になっていたのは高橋一生さんがやっていた文部科学省研究振興局基礎研究振興課長の安田龍でした。

邦画にこれほどまで気分を揺さぶられたのは久しぶりかもしれません。ジェットコースターに乗っているようでした。
まだ観ていない方で気になっている方は、ぜひ“邦画の本気”をご覧あれ。