泣くと。

兵器擬人化一次創作と映画の感想と日常

ひょんなことから高雄を作ることになった話

こんにちは, 夜井です.

突然ですが高雄のプラモデルを作ることになりました.

【大日本帝国海軍:重巡洋艦 高雄】
排水量:13,400トン
全長:203.76メートル
全幅:20.73メートル
最大速力:34ノット
昭和7年 5月31日就役
横須賀海軍工廠にて建造

大破状態とはいえ, 終戦まで残っていた歴戦の重巡洋艦で
戦前から現在まで, 高い人気があります.


そんなわけでアオシマさんの1/350高雄. えげつない大きさ.
高雄だから余計に大きく見えるのかもしれませんね.
手前に比較用においてあるのはハセガワさんの1/700の駆逐艦 霞です.

余談ですが霞の方は, 霞が好きな姉に誕生日プレゼントで上げるために組もうと思っています.


まずは作業場の確保.

実は今回は塗装やエッチングなどは何も行わず本当にプレーンな状態で
素組みするだけなのですが, 一応このテーブルはしばらく作業場として
高雄さんが占領します.

高雄の箱を包んでいたビニール袋2枚を開きにしを解体しテーブルへ固定.

マステで留めてるあたり無駄に女子力.

で, パーツを確認します.













すんげぇ多い.

やばい. 本当に多い.
右下の白い枠で囲まれた薄いピンクの部分は比較用に並べた
1/700の霞のパーツなんですが, 小さなふくろ2つに収まってくれてるのに対して
高雄のパーツは机の上から溢れんばかりです.

これ実は7月末までに完成が目標なんですが
ちゃんと仕上がるかどうか不安になってきました.


ちなみに今回資料にするのは「帝国海軍重巡洋艦総ざらい」(モデルアート社)
これはお借りした本なのですが,
プラモに限らず, 普通に普段私が重巡洋艦の外観とか兵装とか
絵に描くのにとても参考になりそうなので後日自分用に買ってこようと思います.

作業の進捗は毎週日曜日にご報告する予定.

この記事をご覧になったモデラーの皆様は是非, ブログ右側のメールフォームや
ツイッターなどからご教授や優しい一喝をくだされば幸いです.